ジンギスカップ その3

ジンギスカップは気配りが凄い!

その結果が、幼稚園児や小学生(男女)の参加人数の多さや
スポーツ、ビギナークラスの参加人数の多さに繋がっているのだろう。

エキスパートは十数人なのに、スポーツやビギナーは各100人くらいです。

例えば、コース。ビギナーとスポーツでは全然難易度が違います。
小学生も、学年や男女で細かくコースを変えています。

また、表彰も幼稚園児ほど優遇され、『また来たい』と思わせる仕組みがあります。

女子の人数も多いです。スポーツレディースの出走こそ5名でしたが、
エントリーは10人ほどありましたし、ビギナーレディースは十数人のエントリーでした。

また、プログラムにはクラス分けの関係もあり、年齢が記載されていますが、
レディースクラスには年齢の記載はありません。

気配りが細かくスタッフの負担が多い分、
エキスパート&スポーツのスタートループでは松林セクションが
小学生女子低学年のコースのままだったりして、皆ビックリしたりしましたが
これもご愛嬌。

その気配りと努力に頭が下がります。

また、東北の皆さんの協力意識は素晴しいです。

ビギナーや小学生、幼稚園児の拡大なくして、
トップクラスの継続的な向上はないと思います。

トップクラスだけの競技は、そのうち衰退します。
考えさせられる大会でした。

まだ、つづきます。
[PR]
by alliance-ac | 2010-10-06 17:42 | その他


<< ジンギスカップ その4 お土産編 ジンギスカップ その2 >>